朝の一歩目に足の痛みがある原因とは?

朝の一歩目が痛いのは足底筋膜炎だからかもしれません

朝の一歩目が痛いという特徴的な症状がでるのは「足底筋膜炎」という病気になっているのが原因かもしれません。

歩いていて痛い、カカトが腫れている、足裏が痛いなどの足底筋膜炎の症状かもしれません。

足底筋膜炎とは?

・朝の一歩目が痛い

・数歩歩くとだんだん痛みが消える

・長時間歩くと痛みが出てくる

・かかと付近に痛みがある

・かかとが腫れているような気がする

などの症状が起こります。

朝の一歩目が痛い原因とは?

足の裏側には足底筋膜と呼ばれる筋肉の膜があります。

足底筋膜は足をついた際にクッションの役割となって伸びます。

寝ている間にここがどんどん硬くなってしまい、固い状態で足をつくと足底筋膜が無理やり引っ張られる状態になり筋膜自体に痛みが出るか筋膜が付着しているかかとの骨に痛みが出ます。

歩いているうちにだんだんと筋膜が柔らかくなっていくので朝の一歩目が特に痛みを感じます。

足底筋膜が硬くなってしまう要因

寝ている間に硬くなってしまうのは、血流が悪いからです。本来だと身体は寝ている間に回復する自然治癒力というものが発揮して逆に柔らかくなります。

血流が悪いと寝ている間にどんどん体が硬くなってしまい朝起きるころにはガチガチになっています。

 

また、足底筋膜は「アキレス腱」が突っ張っている人ほど硬くなりますので足裏だけの問題でなないということです。

朝の一歩目の痛みを回避したい場合は?

手足が冷たいなど血行が悪くなっている可能性があります。

ですので

・寝る前に湯ぶねにつかる

・アキレス腱を含む足のストレッチをする

・足を温めて寝る

などをしていただくと軽減できます。

 

ですが、これは一時的な解決にしかならず良くなってもまた再発します。

足底筋膜炎を改善したい場合

足底筋膜炎は「体のゆがみ」が原因です。

ゆがみは「首」「足首」「内臓」の3つから起こります。

当院はこの3つを整えるスペシャリストです!

足裏の痛み 床に足がつけなかった

アンケート用紙

右の足裏が急に痛くなり足の裏を床につけるたびに痛みが走り足を引きずっていましたが、足が床につけないひどい状態は無くなりました。

娘と2時間以上ライブで立ちっぱなしだったのと、左足を踏まれてかばいながら生活をしていたために足裏に痛みが出ました。

素人ながらに足底筋膜炎ではないかと思いネットで調べ巡り整体院を選びました。選んだ理由として痛くない・職場に近い・HPのバナーです。

受けてみて3回目から体がすぅーと楽になりました。1回目2回目はまだ痛みに対して不安が少しあったのでだんだんとリラックスできるようになったからだと思います。

自分の体の不調がどこからきているのかを丁寧に指導してくれますので安心して受けてみてください。体のゆがみは心のゆがみなのかなと。素直になると受けても早く良くなるような気がしますよ。

Y・Aさん 50代 女性 介護士 さいたま市在住

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加