野球肩

なぜ?他院では改善しなかった野球肩が当院の施術で改善するのか?

なぜ?他院では改善しなかった野球肩が当院の施術で改善するのか?

野球肩でお困りのあなたへ

  • ボールを投げる際に肩に痛みがある
  • 過去に肩を痛めてから違和感が残っている
  • 投球動作をしたいが怖くて出来ない
  • 病院で野球肩と診断されて治っていない
  • これから運動をしたいのに痛くて出来ない

血の巡りが良くなり姿勢も良くなり体の重心が変わっていくのも実感しました

Y・Mさん

「だめでもともと」で通い始めて2回目位から症状が緩和されてきました

M・Mさん

初回の施術で猫背の姿勢から背筋が真っ直ぐとした姿勢に変化し、痛みも治まりました

K・Tさん

・治療を受けるとフッと体と心が軽くなる感覚があります

M・Iさん

施術中はゆっくり押した程度で全く痛くなく質問にも答えていただき安心しました

F・Mさん

・初回にセルフケアをまとめた紙をいただけたので安心しました

H・Aさん

・ソフト整体にこれで大丈夫か?と思いましたがすぐ効果が現れます

Y・Kさん

初めの問い合わせの時から親切に対応していただいたので不安もなく安心してお願いできました

Y・Mさん

・実際に施術を受けてみてあまりにもソフトな施術になぜ効果が出るのか未だに不思議です(笑)

T・Mさん

先生の親切な対応と様々なアドバイスがいただけるのでとても感謝しています

H・Nさん

今の状態で様子を見ようと放っておくと、変化しないかどんどん悪化していきます。

一時的に良くなる場合もありますが、さらに酷い状態になって再発します。

症状が出ている=体に問題がある状態ですので、1秒でも早くご相談ください。

時間の経過とともに改善までに掛かる時間が増えていきます。

野球肩になったら気を付ける事

野球肩になるとしばらくは投球動作を控える必要があります。

この際にしっかりと休養するのであれば大丈夫なのですが、多くの場合は無理して投げてしまいます。

これにより肩をかばって肘や手首に負担が掛かるようになり違う症状が起こることがあります。また腰や足にもかばって症状が起こるケースもあります。

無理して酷使しなければならない場合もあるのはわかるのですが、それなりのリスクを背負っていただく必要があります。

必ず後になって自分に返ってきますのでよく考えてから使うようにしてみてください。

野球肩の症状

多くの場合、野球肩というだけあって野球をやっているお子さんに多いです。

特にピッチャーでボールを投げる動作を何度も繰り返していると起こります。

  • ボールを投げる際に肩に痛みがある

この症状であれば野球肩と診断されることが多いです。

 

当院に来院される野球肩の方は、野球少年から過去に野球をやっていて肩を痛めた事がある方までいらっしゃいます。

大人になってまた野球をやりたいと思っていても肩が痛いから出来ないというケースが多々あります。

ですので野球肩は子供の頃に痛みや違和感を感じ、そのままにしておくと大人になっても投球動作に異常が出てしまうものです。

一般的な野球肩の治療法

整形外科に行った場合

まずレントゲンを撮ります。場合によってはMRIでの検査を行います。

画像診断をしてから治療を行います。

  • 肩の安静、投球動作の禁止・制限
  • 湿布や痛み止めの薬
  • 痛み止めの注射
  • 肩周辺のリハビリ

痛みが取れるまでは投げないように指導されます。

どうしても投げなければならない場合は痛み止めを使用します。

そのまま安静で通院するところもあれば、時間の経過とともに肩のリハビリを行う病院もあります。

接骨院・整骨院に行った場合

  • 低周波などの電気治療
  • 肩周辺のマッサージ
  • 肩周辺のストレッチ

病院のリハビリを接骨院でやるイメージです。

野球をやっていた先生がいる場合は投球動作の指導やインナーマッスルの鍛え方など経験を生かしたアドバイスをもらえます。

肩周辺だけが良くなれば病院や接骨院等で治療を行えばよくなることもあります。ただ、また投げると痛みが再発して安静を繰り返してしまうのが現状です。

ですので病院や接骨院ではなかなか良くならない・再発してしまうといった場合は原因を根本から整えて再発まで予防できる当院の施術が効果的です。

一般的に言われている野球肩の原因

  • ボールの投げすぎ
  • 練習のしすぎ
  • 肩に負担のかかるフォーム
  • 肩の柔軟性が足りない

など言われています。

使いすぎると肩の骨や軟骨、関節包や関節唇といった肩の関節の中にある軟部組織を痛めてしまうことで起こります。

また、筋力(特にインナーマッスル)が弱いからなどもよく言われている原因です。

 

ですが実際には肩には本当の原因がない事のほうがほとんどです。肩が悪ければ肩を治療すれば良くなりますよね?ですが、なかなか良くならない方ばかり。

それは痛みが出ているのが肩であって、肩に痛みが出てしまった理由が他にあるからです。

当院が考える野球肩の原因と治療法

当院では野球肩の一番の原因は「体のゆがみ」だと考えています。

体がゆがむことで肩に負担のかかる状態になり、そのまま投球動作を繰り返すことで徐々に肩を痛めてしまいます。

野球指導者の中には「走り込みが足りなくて下半身が弱いから肩を痛めるのだ」という方もいらっしゃいますが、これはある意味あっています。

下半身のバランスが崩れていると上半身にまで影響しますので結果肩に負担をかけます。

 

実際に当院に来院される野球肩のほとんどが姿勢が悪く体のバランスは良くないです。ですので足や腰にも問題があります。

 

治療の流れとして

  1. 体全体のゆがみを整える
  2. 肩に負担を掛けている原因を特定し調整
  3. 肩自体を調整
  4. 体の使い方の指導

これを行うことで、肩ばかりに負担の掛かっていた状態から体全体を使えるようになりどんどん改善していきます。

肩だけを治療するわけではないので、他では良くならなかった症状も良くなり再発まで予防できるようになります。

パソコン仕事や車の運転で同じ姿勢が多かったり、同じ作業を繰り返す動作が多いと体は疲労していきます。

またストレスによる食べすぎや飲みすぎなども内臓に負担が掛かり体が疲労します。

 

1、体の疲労やストレスにより「ゆがみ」が発生します。骨盤がゆがむ”など聞いたことありますよね?その”ゆがみ”です。

2、体がゆがむと体内の「巡り」が悪くなっていきます。

3、この状態で日々の生活を重ねることで「つらさ」や「痛み」など症状が発生します。

これがあなたの不調が起こってしまった流れです。

体がゆがむことで様々な変化が体に起こります。

姿勢が悪くなる・常に体に力が入っている・寝ても疲れが取れないなどです。

これらは体のゆがみが原因で起こっていますので頑張って意識しても対処できません。

 

またゆがんでいる状態では必ず悪いクセを行っています。

座って足を組んだり、姿勢を悪く座ったり、カバンを片側だけで持ち続けるなどです。

 

これはゆがんでいる体が無意識に楽な生活を送ろうとかばっている状態ですので、無理してクセだけ治してしまうと他に負担が掛かりもっと体がおかしくなってしまいます。

体のゆがみが整ってくることで、症状はどんどん楽になっていきます。

ですが、それで終わりにするとまた同じような症状が再発する可能性があります。

それは悪いクセが残っているからです。

 

ゆがんでいた時の悪いクセを残したままにするとまた体が前のゆがんでいる状態に戻そうとしていまうので、悪いクセもしっかりと直す必要があります。

ゆがみを整えて悪いクセを直すことで初めて根本から再発しない体になったと言えます。

当院は整体の専門院です。だからこそ「体のゆがみ」はお任せください!

写真は左右にスライドできます

Q、どんな服装で行けばいいですか?A、そのままの服装で施術を行いますので足を上げられても大丈夫な服装でお越しください。動きやすいゆったりとした服装が理想です。Q、妊娠中でも施術可能ですか?A、はい、出産前日まで施術可能ですのでご安心ください。Q、駐車場はありますか?A、当院の駐車場は無いので近隣のコインパーキングをご利用ください。

スポーツを行うことはとても体にとって良いことです。ですが体に痛みを感じながら無理してやるのは間違っています。

少しでも肩に違和感を感じていて何とかしたいという場合はお気軽にご相談ください。