モートン病

なぜ?他院では改善しなかったモートン病が当院の施術で改善するのか?

なぜ?他院では改善しなかったモートン病が当院の施術で改善するのか?

足の中指と薬指(第3趾と第4趾)の間に痛みがある 足の人差し指と中指(第2趾と第3趾)の間に痛みがある 歩き出すと針で刺されたような痛みを感じる 足裏の腫れや感覚が麻痺しているような気がする モートン病と診断されたがなかなか良くならない

ご安心ください!モートン病は改善可能な症状です。モートン病は「体のゆがみ」が原因です。  ゆがみは首・足首・内臓から起こります。  当院はこの3つのゆがみを整えるスペシャリストです。

モートン病・内反小趾 医者から神様でも治せないと言われたのが回復

アンケート用紙

モートン病と内反小趾が回復し普通に立ち仕事が出来るようになりました。

7か月整形外科に通っていてこの病気は神様でも治せないと言われて諦めてました。

ネットで巡り整体院を知りその結果回復しました。

正にその手は「ゴットハンド」です!

治療費は決して安いものではありませんがそれだけの価値は充分あります。

やまどん さん 51歳 自営業 川口市在住

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

モートン病 6回通って電気が走る痛みが無くなった

お客様写真

左足薬指の付け根の痛みが6回で無くなりました。

モートン病と診断され靴のインソールを変えて生活するしかないと言われたのですが治療が出来ないかと来院。

初めに治療回数をおっしゃって説明も分かりやすいです。

血の巡りが良くなり姿勢も良くなり体の重心が変わっていくのも実感しました。

痛みだけでなく心の負担までも治していただいたことに感謝しています。

 

Y・Mさん 46歳 会社員 戸田市在住

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足底筋膜炎・モートン病・かかとの痛み 外反母趾まで改善

お客様写真
アンケート用紙

足底筋膜炎・モートン病・かかとの痛みで歩けなかったのが、買い物を楽しめるくらいまで改善しました。

以前より整形外科で電気をかけたり腰や足のマッサージをしていましたが根本的に治らずフットケア専門のところへも行きましたが治療費が高いだけで良くなりませんでした。

ネットで評判が良かったので来院しました。

最初は半信半疑でしたが1回1回治療を重ねていくと痛くて左足に体重をかけられなかったのが両足で体重をかけて立てる実感が持てました。

外反母趾もあり左足の親指が開かなかったのが先生の指導により開くようになりました。

本当に長い時間歩けずショッピングにもしばらく行けず暗い気持ちになっていたのが良くなっている実感があり買い物を楽しめるようになりました。

是非一度先生の施術を受けていただけると何か変化があると思います。

A・Tさん 53歳 パート さいたま市在住

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

今の状態で様子を見ようと放っておくと、変化しないかどんどん悪化していきます。

一時的に良くなる場合もありますが、さらに酷い状態になって再発します。

症状が出ている=体に問題がある状態ですので、1秒でも早くご相談ください。

時間の経過とともに改善までに掛かる時間が増えていきます。

モートン病になったら気を付けたいこと

モートン病は神経障害の一種であり、他の病気との鑑別が難しい場合もあります。

その中でケーラー病・足根管症候群・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの可能性もありますので心配な方は一度MRIを病院でお願いしてもらうのをお勧めします。

モートン病になってから時間が経過すればするほど改善までに時間が掛かりますので早期の処置が必要です。

 

主な原因として

・サイズの合わない小さい靴や先のとがった靴、かかとの高いヒールなどの靴を履くと神経が圧迫されやすいです。

・中腰の姿勢やつま先立ちが多いと神経が圧迫されやすくなります。この際にマレット指(槌趾変形)がある場合はさらに可能性が高まります。

・開帳足と呼ばれる足のアーチがない状態になると、アーチがあれば足の衝撃を和らげてくれるのですがない場合は衝撃が大きくなりそれが積み重なり炎症が起き結果神経を圧迫してしまいます。

モートン病の症状

モートン病の主な症状として

足裏の足の指の間の痛み、痺れ、知覚障害、腫れがあり主に第3趾と第4趾の間か第2趾と第3趾の間に起こりますが他の指の間でも起こる可能性もあります。

歩行時に痛みが出て休むと症状が落ち着き、また歩き出すと痛みが出ます。

これは足の指同士を繋ぎとめている靭帯の間を通る神経が交差する神経腫と呼ばれる膨らんだ箇所で圧迫を受けて症状が起こります。

また滑液包と呼ばれる関節のクッションが足を着くたびに圧迫され炎症が起こり神経を圧迫して起こる場合もあります。

一般的なモートン病の治療法

病院に行った場合

  • ステロイド注射や痛み止めの薬を服用
  • インソールなどの中敷きを靴の中に入れる
  • タオルギャザーなどの足裏の運動

などが行われており、これでも改善しない場合は摘出手術や神経の通り道を広げる手術が行われています。

 

最近では医師でもよく分からないという事が起こっており、うちでは診れないと返してしまうケースがあります。何件も病院をハシゴしたという患者さんが当院に来院されています。

接骨院・整骨院に行った場合

  • 足のマッサージ
  • 低周波などの電気治療
  • ホットパックなどの温熱療法
  • シップや塗り薬の使用

現在ある接骨院・整骨院で「モートン病です」と言ってもほとんどの施術者が「??」となります。

足裏に電気をかけてふくらはぎなどが固くなっているのでマッサージをして終わります。ちゃんとしたところだと自分で出来るストレッチや足裏の筋力を鍛える運動方法も指導してくれます。

 

整形外科や接骨院・整骨院では足の治療しかしません。初期症状ではこれで良くなるケースもあるのですが、時間が経っていてなかなか症状が変化しないという場合は他の箇所に原因が残っていますので当院の施術が効果的です。

当院が考える原因と治療法

モートン病は

  1. 疲労やストレスによるゆがみ
  2. 体のバランスが崩れ歩き方に問題
  3. 足以外の影響で足に負担のかかる状態
  4. 足先に痛み

の順で起こります。ですのでこれらを全て解決してあげれば症状は改善します。

ゆがみというと骨盤などをイメージすると思いますが、首や内臓が先にゆがみます。
自律神経の乱れもこの際に起こっています。

生活する中で

「足先に負担の掛かる量」と「足先が回復する量」のどちらが多いかで良くもなるし悪くもなります。

モートン病に対して当院独自のバキバキ・グイグイしないとてもソフトな整体を行います。

人の体は生活している間に必ずゆがみます。

ですが、寝てスッキリ起きればゆがみが整い回復する力(自然治癒力)で毎日健康で過ごすことができます。

モートン病の方は体がゆがんでいることで自然治癒力が発揮されておらず日に日に症状が悪化していく一方です。

全体のゆがみを整え巡りを良くすることで本来持っている自然治癒力を戻していきます。

さらに症状の原因となっている箇所を浮き彫りにすることができます。

体がゆがんだ状態で生活していたことによって、足先を引っ張って負担を掛けている箇所があります。

これは人によって様々ですので検査で特定して整えていきます。

足底に掛かる負担が減ることで足は回復へ向かいます。

モートン病の場合、反対側の足や腰に問題があるケースが多いです。

さらに早く良くするために足先自体も治療していきます。

足首や全ての指の関節まで全て問題ない状態に整えます。

足や足に負担を掛けている箇所を調整すれば一時的に改善するのですが、同じような生活を送っていると必ず再発します。

特に重要になってくるのが「歩き方」です。

毎日立って生活している以上ここを変えない限り根本的な解決にはなりません。

皆さん最初はぎこちないですが、誰でも出来るようになるのでご安心ください。

 

この①~③までを行うことで体は

「足先に負担の掛かる量」よりも「足先が回復する量」が上回るので改善していきます。

Q、どんな服装で行けばいいですか?A、そのままの服装で施術を行いますので足を上げられても大丈夫な服装でお越しください。動きやすいゆったりとした服装が理想です。Q、妊娠中でも施術可能ですか?A、はい、出産前日まで施術可能ですのでご安心ください。Q、駐車場はありますか?A、当院の駐車場は無いので近隣のコインパーキングをご利用ください。

足は一番下で体を支えてくれる大事な土台でもあります。そこに痛みや問題があれば膝や股関節の問題にも繋がってきますし腰痛にもなりやすいです。

私は元々足に問題がありそれが原因で腰痛などが起こっていた時期もありましたが、足の問題が無くなった今では健康に過ごしています。

モートン病が悪化してしまうと最悪手術をすることになってしまい、一度メスを入れると体のバランスはグチャグチャになり後悔されている方がとても多いのが現状です。

もしあなたのお力になれるようでしたら一度ご相談ください。