ばね指(弾発指)

なぜ?他院では改善しなかったばね指が当院の施術で改善するのか?

なぜ?他院では改善しなかったばね指が当院の施術で改善するのか?

  • 指を曲げるとカクンとなり戻らなくなる
  • 指が戻らないので反対の手でしかたなく戻す
  • 朝起きたら手のこわばりがある
  • 思うように指が動かないので困っている
  • ばね指と分かっているがどうすればいいか分からない

指と手のこわばり 本当に効果があった

アンケート用紙

指と手のこわばりが初回の施術で軽減されました。慢性的な肩こりや腰の重さも軽減され、油が切れていた私の身体に油がさされたような気持になり翌日は眠りも良く気分まで明るくなっていました。

1か月前くらいから症状が出て定期的に施術を受けている整体院にその旨を訴えたのですがあまり効果がなくどうしても気になりネットで検索して来院しました。巡り整体院さんはご近所で存在は知っていたのですがネットの口コミが良かったのでこの度初めて施術を受けさせていただきました。

初回、先生が丁寧に不調の部分はもちろん全身をチェックしてくださり施術してくださいました。

一か月以上痛くどこに行ってもダメだなぁと思ってた指もここで施術を受けたら治るかも!!

と前向きな気持ちになりました。

もし不調や痛みにあきらめの気持ちになっておられる方がいらしたら先生の施術を受けてみることをお勧めします。自分のどこが、なぜ悪くなっているのか?・・・原因もわかると思います。原因が分かるだけでも私は半分くらいすっきりしました。

H・Yさん 50代 女性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

頭痛・肩こり・腕から指の痛みが解消

お客様写真

ずっと痛かった首・肩のコリ、頭痛や手首から指の痛みが楽になりました。

辛い症状がなかなか改善されない、通院しているが改善しないという人にはオススメです。

20代 女性 調理師

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

今の状態で様子を見ようと放っておくと、変化しないかどんどん悪化していきます。

一時的に良くなる場合もありますが、さらに酷い状態になって再発します。

症状が出ている=体に問題がある状態ですので、1秒でも早くご相談ください。

時間の経過とともに改善までに掛かる時間が増えていきます。

ばね指になったら気を付ける事

ばね指とは指を曲げる際に腱が引っ掛かりカクンと指が曲がってしまう病気です。

普段から手や指を多く使う方に発症します。これは腱鞘炎の1つです。

指が曲がってしまい戻そうとするときにバネのような状態になるのでばね指と呼ばれます。

主な原因として

  • 手の使い過ぎ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 糖尿病・リウマチ

これらがあることで指の腱が肥大し摩擦が生じます。

腱は腱鞘と呼ばれる腱を包む組織の中を通っているのですが、腱の一部分が肥大することで指を動かすときに引っ掛かりが起きます。その引っ掛かりを無理やり取ろうとした際にカクンという状態になります。

腱も腱鞘もお互いの摩擦により炎症が起こり肥大するのでより一層カクンとなりやすくなります。

ばね指の症状

主な症状として

  • 指を曲げるときにカクンとなる
  • 曲がった指を自力では戻せない
  • 指に腫れや熱感がある

朝起きると手がこわばっていて指を曲げるとカクンとなる場合が多く、動かしているうちにだんだん症状が軽減してくるケースがあります。

それとは逆に使い始めは調子いいけど何度も同じような手の動きをしているうちにだんだんと動きが鈍くなり最終的に思うように動かなくなるパターンがあります。

一般的なばね指の治療法

病院に行った場合

  • シップ・痛み止めの薬の処方
  • 痛み止めの注射
  • 装具による固定
  • 手を使わないように指導
  • 電気・マッサージなどによるリハビリ

病院に行くとまずレントゲンを撮ります。ばね指の場合は骨には異常はないので「異状ないです」と言われてそのまま帰されてしまうケースもあるようです。

多くの場合がシップと痛み止めの飲み薬を出されなるべく安静にするように指導されます。サポーターなどの装具を出してくれる院もあります。

痛みが強い場合などはストロイド入りの痛み止めの注射を患部にします。

リハビリ施設がある病院では電気治療・温熱治療・マッサージなどでのリハビリを行います。

「手を使うなと言われてもそれが出来ないから病院に行ってるのに・・・。」というのが皆さんの本音ではないでしょうか。

接骨院・整骨院に行った場合

  • 低周波などの電気治療
  • ホットパックなどの温熱療法
  • マッサージ
  • テーピングによる固定

接骨院の場合だと患部を温め腕の筋肉をマッサージして患部周辺の状態を良くします。

テーピングによる固定を行う院もあり症状があるうちはなるべく毎日通うように指導します。

病院と接骨院では患部もしくはその周辺までしかみないので、良くなる人となかなか良くならない人が出てきます。

 

ばね指は手の症状ですが、ばね指になった原因は手には無いので治っても再発してしまいます。

なかなか治らない・また同じような思いをしたくないという場合は当院にご相談ください。

当院が考えるばね指の原因と治療法

ばね指は

  1. 疲労やストレスによるゆがみ
  2. 姿勢が悪くなり指に負担のかかる姿勢に
  3. この状態での繰り返しの負担
  4. ばね指の発症

の順で起こります。ですのでこれらを全て解決してあげれば症状は改善します。

ゆがみというと骨盤などをイメージすると思いますが、首や内臓が先にゆがみます。
自律神経の乱れもこの際に起こっています。

生活する中で

「指に負担の掛かる量」と「指が回復する量」のどちらが多いかで良くもなるし悪くもなります。

ばね指に対して当院独自のバキバキ・グイグイしないとてもソフトな整体を行います。

人の体は生活している間に必ずゆがみます。

ですが、寝てスッキリ起きればゆがみが整い回復する力(自然治癒力)で毎日健康で過ごすことができます。

ばね指の方は体がゆがんでいることで自然治癒力が発揮されておらず日に日に症状が悪化していく一方です。

(特に朝がつらいという方は一番回復していない証拠です)

全体のゆがみを整え巡りを良くすることで本来持っている自然治癒力を戻していきます。

さらに症状の原因となっている箇所を浮き彫りにすることができます。

体がゆがんだ状態で生活していたことによって、指を引っ張って負担を掛けている箇所があります。

これは人によって様々ですので検査で特定して整えていきます。

上半身に原因があることは少なく、股関節や足首などに問題がある方が多いです。

これにより指に掛かる負担が減り、指は回復へ向かいます。

 

さらに早く良くするために指自体も治療していきます

前腕・手関節・指の関節まで全て問題ない状態に整えます。

せっかく指の状態が根本から良くなっても同じような生活で同じように使っていると必ず再発します。

これは体の使い方に問題があるからです。

例えばいつも同じ手でドアを開けるなど片方の手に負担が掛かっていたらダメな場合があります。

手の使い方だけでなく歩き方や座り方に問題がある場合もありますので検査で特定しアドバイスさせていただきます。

この①~③までを行うことで体は

「指に負担の掛かる量」よりも「指が回復する量」が上回るので改善していきます。

Q、どんな服装で行けばいいですか?A、そのままの服装で施術を行いますので足を上げられても大丈夫な服装でお越しください。動きやすいゆったりとした服装が理想です。Q、妊娠中でも施術可能ですか?A、はい、出産前日まで施術可能ですのでご安心ください。Q、駐車場はありますか?A、当院の駐車場は無いので近隣のコインパーキングをご利用ください。

私は以前マッサージを主体とした施術を行っており指の負担がとてもありました。

何度も強く揉むことで指の感覚がおかしくなり、次第に指が曲がったまま戻らない状態にもなりました。まさにばね指の症状です。

ばね指になると思うように手が動かせなくなるのでとてもストレスになります。自分の体にストレスを感じるというのはとても勿体ないです。

指に違和感を感じているようでしたらお気軽にご相談ください。