モートン病の症例④「靴によって激痛なので運動靴以外履けなくなってしまった症例」

患者

47歳女性

主訴

10年前からモートン病の症状は出ていたが波があり我慢できていた

1か月前から激痛が走り運動靴以外は履けない状態までに

かばって生活していたら左膝付近の筋膜が剥がれ膝がつけない状態に

左足全体がしびれるようになってきた

来院

2018年6月

症状が改善したらしたい事

好きな靴を履きたい

初回施術

全身の検査を行い

・全体のゆがみを整え巡りを良くする

・左足薬指第2関節の石灰化していたので調整

 

なるべく多く寝るように指導

2回目の施術(4日後)

施術後に痛みが和らぎ時間の経過とともに元に戻ったような痛みを感じだが、少し落ち着いてきた

 

・全体のゆがみを整え巡りを良くする

・右股関節の調整

 

40℃のお風呂に20分入るように指導

3回目の施術(12日後)

痛みが100→ほぼ0に

指を曲げた時の引っ掛かり感が気になる

 

・全体のゆがみを整え巡りを良くする

・膵臓の調整

 

水分をしっかりと摂るように

立ち方・歩き方

20分ウォーキングするように を指導

4回目の施術(21日後)

3cmのヒールを履いて翌日に痛みが出たがその後は大丈夫だった

 

・全体のゆがみを整え巡りを良くする

・左腎臓の調整

 

水分をこまめに摂るように再指導

5回目の施術(20日後)

靴によっては痛みが出るものもあるが大半の靴で痛みは無くなった

痛い靴は捨てようと思っている

 

・全体のゆがみを整え巡りを良くする

・仙骨4番を調整(←今回の症状の原因

 

この状態であれば好きな靴は履ける感じ

目標達成したので卒業

 

体のゆがみにより仙骨4番がズレその後に様々なゆがみが発生していた。

一番影響している箇所を調整することでモートン病は改善した。

このページの著者

著者:高橋教文

柔道整復師、プロスポーツトレーナー、プロアーティストトレーナー

埼玉県さいたま市 巡り整体院 院長 「心に寄り添う整体師」

プロスポーツ選手からアーティストまで幅広くサポートしてきた経験を生かし、肩こり腰痛などの慢性症状から自律神経の悩みまで改善する無痛整体を行う治療家