足底筋膜炎の改善症例③

足底筋膜炎の改善症例の一部をご紹介します

当院の整体で実際に足底筋膜炎が改善された事例を紹介します。

あなたと同じような症状かもしれませんので参考にしてください。

患者

女性 50歳 パート

来院

2017年2月

症状

昨年11月に仕事で重い物を持ち上げた際に左足裏に痛みが発生。病院に3か所行き接骨院、カイロプラクティックにも通ったが一向に良くならずにインターネットで調べて来院。

歩き始め、長時間座ってから立ち上がる際、夜中トイレに行く際に痛みを感じる。足裏が痛いので歩幅が狭くなってまともに歩けない状態だった。

症状が改善したらしたいこと

仕事と旅行に行きたい

治療内容と経過

初回施術の際にゆがみ(特に骨盤)があり、左半身のゆがみが見られた。

足関節をチェックしたところ両足の関節がロックしている状態だった。

初回施術後は立ち上がりの際の痛みが軽減し、朝の痛みが少し楽になった。しかし少し腫れているような感じがあった。

2回目施術後は歩くのが楽になりツーンという痛みが無くなった。足裏が硬い感じが気になってきた。

3回目施術後は立っている時の痛みはいいが歩く際の痛みが少し出てきた。歩く際の怖さや足裏の硬さは減ってきているが固いもを踏むと痛みを感じた。

5回施術を行い最初よりかは良くなっているがまだまだ仕事で痛みを感じるので施術の組み立てを見直した。筋力反射テストで頭蓋骨(後頭骨)に反応がありそこを調整したところ立った時の痛みがその場で変化。その後痛みがほぼ無くなりその状態が継続。

9回目の施術で状態が安定し治癒とした。その間に旅行に行って長時間歩いたが足に問題は無かった。

同時に治療した症状

左腰

施術方法

骨盤循環調整

足関節調整

頭蓋調整

まとめ

足底筋膜炎は足裏に負担がかかる姿勢で生活をしているとだんだん起こるのが多いのですが、今回は急に力が入って足底筋を負傷したケースと考える。

痛めたのは急だが頭蓋骨のゆがみがあったために足底が硬くなっていたのでその原因である後頭骨を調整したことにより症状が変化した。

テーピングやインソールではその場しのぎにしかならないのでやはり体のゆがみを整えるとが一番効果的だと考える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加